Home > こども保険との比較 > 学資保険とこども保険の違いとは

学資保険とこども保険の違いとは




多くの人が、

学資保険こども保険は、どう違うの?」

という疑問を抱えています。

これらの保険の差は、現実のところほとんどなくなってきました。

学資保険の当初の目的

学資保険は、その言葉が示すように、教育用の資金を確保するための保険です。そのため、教育資金を普段の生活費等から離しておき、親の死亡時にでも育英年金を受け取ることで、子供の教育費が確保されるというのが、本来の学資保険の目的でしょう。

しかし最近の学資保険は、医療保障や子供の死亡保障までも含むものが出てきたために、それらをカバーしているこども保険との差がなくなってきたのです。

保険の組み合わせ

このように、学資保険こども保険の違いがなくなってくると、自分達が希望する保険の目的を明確にする必要がどうしても出てきます。

学資保険は、貯蓄が主体と決めて、できるだけ元本割れしない保険プランを選んだり、子供の怪我や病気による入院費はこども保険でまかなったりと、自分達で保険の組み合わせを考えることが必要になってきそうです。

別のコラム「学資保険の比較はむずかしいが…」で書きましたが、「回収率」と「受取倍率」のバランスは、学資保険の場合ばかりではなく、どのタイプの保険を検討する場合でも、大切な視点です。

学資保険だから、こども保険だからという名称にまどわされることなく、各社の保険内容の特徴を十分に理解して、自分達に最適な保険の組み合わせを考えてみると、当初考えていなかったような、自分達なりの意外な保険プランの組み合わせが見えてくるものです。

このホームページに来てくださった人は、学資保険の加入や比較に関心が高い時期だと思いますが、時間をかけて各社の学資保険を少しずつ検討するのがよいのではないでしょうか。

長い期間支払うことになる学資保険。

じっくりと、各社の保険を比較してみましょう。



Home > こども保険との比較 > 学資保険とこども保険の違いとは

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら


Return to page top